ビーグレン ホワイトエッセンスの口コミ!ホワイトクリームとの違いは?

ビーグレン ホワイトエッセンスの口コミ!ホワイトクリームとの違いは? シミ・美白化粧品※の口コミ(40代/50代)

ビーグレン ホワイトエッセンスの口コミ!ホワイトクリームとの違いは?
ビーグレンの「QuSomeホワイトエッセンス」「QuSomeホワイト2.0」でシミ対策をして違いを比較。
専門家、編集部による成分分析、テスト使用、SNSの貼付けによる口コミ検証!ではなく、使ったひとの本音をお届けします( ̄▽+ ̄*)

1.ビーグレン ホワイトエッセンスは、効果的?口コミ

ビーグレン ホワイトエッセンスは、効果的?口コミ
洗顔後に、化粧水で肌を整えたあとに、ホワイトエッセンスでスキンケアしました。
お顔になじませるときに、ほんのりと乳酸飲料系が香ります。

ハンドプッシュで肌になじませる、ほほをつつくと、ぷにゅっとした触り心地。
透明感がでたようで、嬉しいです(* ̄ー ̄*)

公式サイトで詳細を確認

2.ビーグレン ホワイトエッセンスの使い方を口コミ

ビーグレン ホワイトエッセンスの使い方を口コミ
洗顔後、化粧水のあとに、スキンケアをします。
ビーグレン ホワイトエッセンスは、なめらかなジェルのようなテクスチャです。
肌に触れている部分から、とろけて透明になります。

ビーグレン ホワイトエッセンスの使い方を口コミ
のばすと、すうっとなめらかに広がっていきます。

ビーグレン ホワイトエッセンスの使い方を口コミ
顔に塗布するときに、鼻に近づけると、乳酸飲料系の香りがかすかにします。

ビーグレン ホワイトエッセンスは、効果的?口コミ
※上の効果的?と、同じ画像です。
ハンドプッシュでなじませると、潤いのヴェールで守られた感が。
ほほをつつくと、じんわりと、天使の輪ができました。

公式サイトで詳細を確認

3.ビーグレン「ホワイトエッセンス」と「ホワイト2.0」の違いは?

「ホワイトエッセンス」と「ホワイト2.0」の使い心地を比較

3-1.「ホワイトエッセンス」と「ホワイト2.0」の使い心地を比較

「ホワイトエッセンス」と「ホワイト2.0」の使い心地を比較
触感の違いを見える化すべく、手の甲にとりました。
左)ビーグレン ホワイトエッセンス
右)ビーグレン ホワイト2.0

ホワイトエッセンスは、透明のジェル状、ホワイト2.0はクリーム状です。

ホワイトエッセンスは、ほぼ無臭ですが、かすかに乳酸飲料系の香りがし。
ホワイト2.0は、ビタミンCの香りがたってる気がして、好き嫌いがあると思います。

「ホワイトエッセンス」と「ホワイト2.0」の使い心地を比較
両方とも、のびはよいです。
ホワイトエッセンスは、みずみずしく、ホワイト2.0はコクがあります。

触感を考慮しつつ、下のスペックを比較して、あなたにとっての「よきもの」を決めましょう。

3-2.「ホワイトエッセンス」と「ホワイト2.0」のスペックを比較

QuSomeホワイトエッセンス   QuSomeホワイト2.0
5,500円 価格(税込) 6,600円
15ml 内容量 15g
直径2cm程度を朝・夜使用で1ヶ月 使用目安 パール1〜2粒程度を夜のみ使用で1ヶ月強
ハイドロキノン誘導体(アルブチン)/ナイアシンアミド/3-O-エチルアスコルビン酸 主な成分 ハイドロキノン/ アスコルビン酸/ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸/3-O-エチルアスコルビン酸

ビーグレンのシミ対策!と言えば「ハイドロキノン」「ビタミンC」です。

QuSomeホワイト2.0には、
ハイドロキノン、アスコルビン酸と言う、効果は期待できても、紫外線に弱い成分が配合されています。
なので、夜のみの使用が推奨されています。

一方、QuSomeホワイトエッセンスには、
ハイドロキノン誘導体、ビタミンC誘導体(3-O-エチルアスコルビン酸)と、効果を期待できる成分を、誘導体にすることで、昼でも使えるようにしたと推測されます。
また、配合量によっては「シワ改善、シミ対策」がアピールできるナイアシンアミドが配合されています。

使いたいシーンによって、使い分けしましょう。

公式サイトで詳細を確認

▼ビーグレンQuSomeホワイト2.0のレビュー

ビーグレンの「ホワイトクリーム」QuSomeホワイト2.0は効果なし?口コミ
ビーグレンのホワイトクリーム(正確には、美容液)が、2021年春に、QuSomeホワイト【1.9】から、 QuSomeホワイト【2.0】に、進化しました。 数年前に、リニューアル前のトライアルセットを使って、実感を得た毒女です。 ...

5.ビーグレン ホワイトエッセンスを、おすすめできないひと、できるひと

5-1.ビーグレン ホワイトエッセンスを、おすすめできないひとは?

  • ハイドロキノン(誘導体ではなく)で、シミ対策をしたいひと
  • ビタミンC(誘導体ではなく)で、シミ対策したいひと

5-2.ビーグレン ホワイトエッセンスを、おすすめできるひとは?

  • 夜だけじゃなく、昼もビーグレンでシミ対策したいひと
  • ホワイト2.0の、香りが気になるひと

公式サイトで詳細を確認

6.ビーグレン ホワイトエッセンスの全成分

水, BG, アルブチン, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, オレイン酸コレステリル, ナイアシンアミド, 3-O-エチルアスコルビン酸, アセチルチロシン, トコフェロール, 酢酸トコフェロール, グルコノバクター/ハチミツ発酵液, カッパフィカスアルバレジエキス, 加水分解ホホバエステル, ヒアルロン酸Na, 加水分解コラーゲン, ボタンエキス, クズ根エキス, ノバラ油, スクレロチウムガム, 乳酸K, 乳酸, コレステロール, ステアリン酸コレステリル, リナロール, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, カルボマー, フェノキシエタノール, 水酸化K, EDTA-2Na, ピロ亜硫酸Na

公式サイトで詳細を確認

7.ビーグレンのトライアルセットのレビュー

これまで、ビーグレンでエイジングケア、シミ対策してきたレビューをシェアします。

▼シミ対策

ビーグレンで【17日間】シミ対策!40代後半には効果的?消えない?50代にも口コミ
40代後半毒女が、ビーグレンで、17日間シミ対策した率直なレビューです。 専門家、編集部による成分分析、テスト使用、SNSの貼付けによる口コミ検証!ではなく、使ったひとの本音をお届けします( ̄▽+ ̄*) 40代はもちろん、50代のお役に...

▼シワ対策

ビーグレン×レチノAの口コミ【40代×10日間】効果的な使い方は?50代にも…
これまで、数種類のビーグレンさんの基礎化粧品でエイジングケアしてきた毒女です。 「よくも悪くも、お薬みたい♪」が、毒女のビーグレンさんの評価です。 今回「レチノA」と言う新アイテムがデビューしたときき、さっそくモニターしました ビ...

▼+マッサージで、リフト対策

ビーグレン Qusomeリフトの効果・評価は?美容液の使い方(マッサージ)を、口コミ
40代になった頃にQusomeリフトで、たるみ、ほうれい線をケアし、そのリフト効果(※マッサージ効果)に驚愕した毒女です。 そんな毒女も45歳になりまして。 アラフィフになっても、ビーグレンさんのリフト効果は実感できるでしょうか? Q...

▼ゲルクリームと、リッチクリームとを比較

ビーグレン「ゲルクリーム」「リッチクリーム」を比較して口コミ
ビーグレンの「ゲルクリーム」「リッチクリーム」で、エイジングケアをして、違いを比較しました。 専門家、編集部による成分分析、テスト使用、SNSの貼付けによる口コミ検証!ではなく、使ったひとの本音をお届けします( ̄▽+ ̄*) 1....

▼UVカット化粧下地のレビュー

ビーグレンのUVカット化粧下地の口コミ!ヌーディーヴェールの使い方
ビーグレンさんのホワイトクリーム(QuSome(R)ホワイト2.0)がリニューアルしたので、トライアルセットを試すことにしました。 そうしたところ、ビーグレンのUVカット化粧下地のサンプルがついてきまして。 さっそく、ヌーディーヴェ...

※使用感は毒女の個人的な感想であって、効能効果を保証するものではありません。
※気になるようなら、あなた自身でトライアルセットなどで、お試しすることをおすすめします。

※使用感は毒女の個人的な感想であって、効能効果を保証するものではありません。
※気になるようなら、あなた自身でお試しすることをおすすめします。
※使用目安は、公式サイト(掲載されていない場合は、他社さんの同様のもの)を参照しています。

タイトルとURLをコピーしました