ビーグレンの「ホワイトクリーム」QuSomeホワイト2.0は効果なし?口コミ

ビーグレンの「ホワイトクリーム」QuSomeホワイト2.0は効果なし?口コミ シミ・美白化粧品※の口コミ(40代/50代)

ビーグレンの「ホワイトクリーム」QuSomeホワイト2.0は効果なし?口コミ

ビーグレンのホワイトクリーム(正確には、美容液)が、2021年春に、QuSomeホワイト【1.9】から、 QuSomeホワイト【2.0】に、進化しました。
数年前に、リニューアル前のトライアルセットを使って、実感を得た毒女です。
進化したなら、更なる効果を期待できるかも?

さっそくホワイトケアに挑み、率直にレビューします。
専門家、編集部による成分分析、テスト使用、SNSの貼付けによる口コミ検証!ではなく、使ったひとの本音をお届けします( ̄▽+ ̄*)

1.ビーグレン QuSomeホワイト2.0は、シミに効果的?口コミ

ビーグレン QuSomeホワイト2.0は、シミに効果的?口コミ
洗顔後に、化粧水で肌を整えたあとに、ビーグレン QuSomeホワイト2.0でスキンケアをしました。
少し独特の匂いがするので、苦手な方もいるかと…。
※毒女はすぐに慣れました。

肌に、QuSomeホワイト2.0をなじませたあとに、ほほをつつくと、自然な艶ができました。

QuSomeホワイト2.0と言うと、ハイドロキノンばかりに目がいきがちですが
保湿成分、ヴェールで守ってくれるような成分も配合されています。

シミに働きかけるのみならず、潤い、ツヤ感、透明感も期待できそうです(* ̄ー ̄*)

▼QuSomeホワイト2.0含むトライアルセットがおすすめ
公式サイトで詳細を確認

2.ビーグレン QuSomeホワイト2.0の使い方は?口コミ

2-1.ビーグレン QuSomeホワイト2.0の使い心地を口コミ

ビーグレン QuSomeホワイト2.0の使い心地を口コミ
QuSomeホワイト2.0は、基本、夜のみ使います。
配合されている「ハイドロキノン」が、紫外線により変化しやすいためです。

1回分の使用量の目安は、パール1-2粒程度。
毒女にとっての真珠ひと粒は、このくらいの小ささです。

指にとると、乳酸飲料の奥に、ビタミンCの香りが見え隠れします。
ひとによっては気になるかも知れませんが、毒女はすぐに慣れました。

ビーグレン QuSomeホワイト2.0の使い心地を口コミ
さらりとしているのに、肌にすいつく。
ちなみに、QuSomeホワイト2.0は、クリームではなくて、美容液です。
確かに「QuSomeホワイトクリーム」と言いたくなる、なめらかではあります。

ビーグレン QuSomeホワイト2.0の使い心地を口コミ
のばすと、透明にとろけ、肌になじんでいきます。
大事なことなので、お伝えすると、QuSomeホワイト2.0は、スポット(部分)用ではありません。
全顔用です。
何でも、顔全体に継続的に使用することが、ホワイトケアの近道なのだとか。

2-2.QuSomeホワイト2.0の使い方は?口コミ

QuSomeホワイト2.0の使い方は?口コミ
パール1-2粒大のQuSomeホワイト2.0を、額(写真では見えませんがっ)、あご、両頬、顎の5点に置きます。

顔の内側から、外側へ顔全体になじませ。
顔全体を包むこむように、じっくりなじませると…

QuSomeホワイト2.0の使い方は?口コミ
手のひらがほほにすいつきました。

ビーグレン QuSomeホワイト2.0は、シミに効果的?口コミ
※上の効果的?と同じ画像です。

さらにほほをつつくと、艶で天使の輪ができました。
シミ対策のみならず、透明感、潤いも期待できそうです。

▼QuSomeホワイト2.0含むトライアルセットがおすすめ
公式サイトで詳細を確認

3.ビーグレン QuSomeホワイト2.0を、おすすめする理由

3-1.ハイドロキノンを、ビーグレンの独自技術で届ける

扱いの難しい「ハイドロキノン」を、ビーグレンの独自技術「QuSonme(R)」で届けます。
QuSonme®には、下記の4つのメリットがあります。

  1. 医療目的で発明された浸透(角質層まで)技術
  2. 安定的に効果を発揮
  3. 必要とする箇所に届く
  4. しっかりとどまるので効果が持続

3-2.ハイドロキノンの効果を引き上げる、3つの成分を配合

  • メラトルピン
    キメの整った肌印象をつくる機能をサポート
  • TGP2
    新たな悩みをつくらせず、キメの整った肌印象を高める
  • アミトース
    曇り原因を閉じこめ粉砕する

3-3.ビタミンC誘導体など、美容成分配合

QuSomeホワイト2.0は、ハイドロキノン押しで、その他の成分をあまりアピールしておりませんが…

  • ビタミンC(アスコルビン酸)
  • ビタミンC誘導体(ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸、3-O-エチルアスコルビン酸)
  • ヒト型セラミド(セラミドAP)

など、美容成分がたんと配合されています。
シミに働きかけるだけじゃないのが、嬉しい(* ̄ー ̄*)

4.ビーグレン QuSomeホワイト2.0のコスト(目安)は?

ビーグレン 通常価格(税込) 使用目安 1ヶ月あたりのコスト
QuSomeホワイト2.0(美容液)15g 6,600円 パール1〜2粒程度を夜のみ使用で1ヶ月強 6,600円

▼QuSomeホワイト2.0含むトライアルセットがおすすめ
公式サイトで詳細を確認

5.ビーグレン QuSomeホワイト2.0を、おすすめできないひと、できるひと

5-1.ビーグレン QuSomeホワイト2.0を、おすすめできないひとは?

  • 独特の匂いが好きになれない、気になるひと
  • 朝も、夜もホワイトケアしたいひと
    ※朝もQuSomeホワイト2.0でスキンケアすれば、よいのですが…

5-2.ビーグレン QuSomeホワイト2.0を、おすすめできるひとは?

  • ハイドロキノンに興味のあるひと
  • 独特の匂いが、気にならないひと
  • 夜だけのケアで済むなら、かえって楽!と思うひと

▼QuSomeホワイト2.0含むトライアルセットがおすすめ
公式サイトで詳細を確認

6.ビーグレン QuSomeホワイト2.0の全成分

水, プロパンジオール, スクワラン, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, ハイドロキノン, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, アラキジルアルコール, ベヘニルアルコール, ステアリン酸グリセリル, バチルアルコール, ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸, テトラカルボキシメチルアセチルヒドロキシプロリルジペプチド-12-5Na, テトラカルボキシメチルジペプチド-51-5Na, オリゴペプチド-34, アセチルテトラペプチド-2, オキソチアゾリジン, セラミドAP, オリゴペプチド-68, アスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, 酢酸トコフェロール, トコフェロール, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアリン酸コレステリル, コレステロール, オレイン酸ポリグリセリル-5, ステアリン酸ポリグリセリル-10, 乳酸K, 乳酸, リナロール, BG, グリセリン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na, ピロ亜硫酸Na

▼QuSomeホワイト2.0含むトライアルセットがおすすめ
公式サイトで詳細を確認

※使用感は毒女の個人的な感想であって、効能効果を保証するものではありません。
※気になるようなら、あなた自身でお試しすることをおすすめします。
※使用目安は、公式サイト(掲載されていない場合は、他社さんの同様のもの)を参照しています。

コメント

  1. […] ビーグレンの「ホワイトクリーム」QuSomeホワイト2.0は効果なし?口コミ ビ… […]

  2. […] ビーグレンの「ホワイトクリーム」QuSomeホワイト2.0は効果なし?口コミ ビ… […]

タイトルとURLをコピーしました